顛末(てんまつ)

争っている相手との裁判で証拠資料(反訳書)の作成依頼を受ける際に多い質問で「内容証明」で専門家に依頼せずに自分で書いて郵便局から内容証明を発送した。結果とその顛末(てんまつ)=(事の最初から最後までの事情)は,

内容証明は相手方に自分の主張を要求する書面で,一般的な手紙の配達では相手が「受け取っていない。」「知らない。」など,食い違いの予防の為(ため)に公的第三者に差出人が主張する手紙が確実に届けられたかを確認できる重要な郵便システムで。

確かに配達システムとしては確実で有効ですが,配達を依頼するには約束ごとがあるのです。

文章だけに限定され,文字,記号で書くことなど,

※詳しくは以下ページ参照

https://www.post.japanpost.jp/service/fuka_service/syomei/use.html

付随し忘れてはならない依頼は「配達証明」です。それは配達した年月日が差出人に郵便局が証明することも忘れてはならないことです。

【絶対的注意事項】

自分で内容証明を書いていると「フツフツ」と怒りが込み上がり冷静さを保ち,順序だてて簡潔な文章が書けなくなります。

自分が書いた文章は自分の意思を相手に示す言葉ですから,その責任は全て自分に戻ってくることを意識することは大切です。したがって,腹立たしさ,感情任せての内容証明の作成には重ねた注意が必要となります。特に,内容証明で述べた言葉に法律的裏付けが読み取れなかったり,感情が先立ち事実と違っていた内容であれば相手の反撃も大きくなります。
したがって,自分の主張が正しいと主張する根拠や証拠を前もって用意し法律的整合性も吟味して書き上げることが大切です。

最も重要な結論として,やはり専門家「弁護士,司法書士,行政書士」の方々に相談するのがベストで良い結果に結び付くと思います。

 

文/反訳士 山田正孝 反訳 | 一般社団法人日本反訳士協会