人生で裁判を経験することは無いと思っていた。しかし,当事者の間ではどうしても解決がつかない。そこで裁判所に中立(なかだち)してもらい強制的に解決を希望する訴訟「当事者の言い分を聞き訴えを裁判する。」に委ねることにした。

憲法第三十二条では,「何人も, 裁判所において裁判を受ける権利を奪はれない。」とあり。公平な裁判を受ける権利は国民の基本的な権利として認められている。
 
争いが起こるか,起こってしまった場合で,裁判が決着するまでの間に裁判官や代理人らから知らされたり交わされる言葉を整理した。
事前に調べ知識として蓄えておくことは大切なのです。