裁判と訴訟

長い人生,裁判で争うことはないと思っていた。しかし,当事者同士だけでは解決がつかない問題に直面した。仕方なく裁判所に中立(なかだち)を願い強制的に解決の道を選んだ。
過去に面談したときの音声録音の会話を証拠資料(反訳書)と,反訳音源を添えて訴訟「当事者の言い分として訴え裁判」に踏み切った。

憲法では

憲法第三十二条では「何人も,裁判所において裁判を受ける権利を奪はれない。」とあり,公平な裁判を受ける権利は国民の基本的な権利として認められている。
 

裁判でよく使われる言葉と単語

紛争裁判が決着する間に裁判官,代理人(弁護士,司法書士)らが日常的に交わしていた言葉を整理した。事前に調べ知識として蓄えておくことは大切なのです。