音声データを裁判所に証拠提出する反訳書作成業務。その音源のノイズを除去し明瞭化技術の提供。さらに,反訳士を志す通信講座の開催。録音会話の文字化専門的技術を提供いたします。
一般社団法人日本反訳士協会

反訳と翻訳

  • HOME »
  • 反訳と翻訳

録音の由来

録音装置が発明されていない時代で話し言葉を文字に起こす反訳の基となる技法がありました。
古書では「語ヲ簡略ニスル書法」又は「早ク書キヲスル術」など言われ、会話を術者以外には解読できない独自の言葉やイントネーションを含めた特殊符号を交え秘密を保ち素早く文字の基となる下書きを換字技法が使われていました。
その換字技法で日常の表現文字を通信や手紙として書面に起こす技を反訳と言われていました。

今日,誰もが簡単に録音し記録ができる恩恵を歴史上で遡(さかのぼ)ると、発明が競われていたことを知ることができます。
録音の原点を考案して世に論文として発表したのは1887年(明治20年)フランスのシャルル・クロスと知られていますが、その数カ月の後にトーマス・エジソンがアナログ方式の録音機を製品化したのが,今から数えて140年前の時代で、製品化が遅れたシャルル・クロスが悔しがったと録音の歴史に記録されています

 

反訳士と翻訳士

反訳と翻訳は異なる文字化の形成と伝達技術です。

翻訳士の基本的仕事は、異なる言語を必要とする言語に訳し必要とする人々に言葉として通訳して訳した言語を必要とする言語に整え書面に整える技能を言います。

その翻訳の分野は専門分野に分かれていて、

[翻訳士の業務分野]
・観光出版翻訳(ガイド、出版、学術書や論文)など
・商工業分野翻訳(販売、マーケッティング、生産、設計,企画、品質管理、研究開発)など
・特許翻訳(出願、ライセンス契約、裁判関係)など
・医療翻訳(研究開発、申請臨床分野)など
・金融翻訳(契約、法律、定款)なと

翻訳士に求められる能力は通訳先の国情や慣習、法律、歴史、文化などに周知と能力の保持が必要とする高度な学識と経験を保持した術者が翻訳士なのです。

 

[反訳士の業務分野]
・人間関係や男女の問題では,不倫,離婚,離婚慰謝料,養育費,親権,財産分与,熟年離婚,婚約破棄,国際結婚と離婚なとを録音した音声データの反訳と反訳書の作成
・金銭問題では,友人の連帯保証人,家族がつくった借金肩代わりや名義貸しなどの録音した音声データの反訳と反訳書の作成
・相続問題では,遺言,相続人達の相続登記や名義変更,遺産分割などについて会話した音声データの反訳と反訳書の作成反訳。
・交通を含む事故関係では,事故による慰謝料と損害賠償や後遺障害の保証について録音した音声データの反訳と反訳書の作成反訳。
・ネット社会では,他人から誹謗中傷,名誉毀損と,有料サイトから不当請求などを主催者と交わし録音した音声データの反訳と反訳書の作成。
・消費者被害では,悪徳商法とわからず契約の解除と取消,さらに,身体美容整形による被害など経営者や担当者と話し合いを録音した音声データの反訳と反訳書の作成。
・日常の生活では,葬祭による過大請求の根拠を録音した音声データの反訳と反訳書の作成反訳。
・不動産や建築関係では,図面と異なる建築や近隣とのトラブル,立ち退きと明け渡しについて話し合った音声データの反訳と反訳書の作成の反訳。
・医療過誤やインプラント治療事故の医師や病院と話し合いの録音音声データの反訳と反訳書の作成反訳

 

反訳士の基本業務は、人々が交わした会話をの音声を録音した装置(ICレコーダー、ボイスレコーダー、携帯端末、動画機器,レコード、カセットテープ、オープンテープ、フロッピーディスク、MD、フィルムサウンド)などあらゆる機器とフォーマットで保存された会話を裁判所に提出する証拠資料として忠実に文字に起こし公用行政用語法に準拠して公用文書式の書面に整えるのが反訳士です。

 

[反訳士の業務分野]

[業 務] [反訳及び文字化業務の受注先]
裁判所提出証拠資料 裁判所・弁護士・司法書士・法務関係,他
会議録や議事録 官公庁の議会など,企業の会議,総会,他
インタビュー・対談・講演 出版・報道機関,他
一般人の収録音声 生活分野の録音音声の文字化
養成講座の開催権利 契約地域で養成講座の運営

さらに,反訳では法律で、

※ 民事訴訟規則148条では「写真又は録音テープ等の証拠調べの申し出をする時は,その証拠説明書(反訳書)において,撮影,録音,録画等の対象並びにその日時及び場所をも明らかにしなければならない。」とされ,

更に149条では「録音テープ等の証拠調べの申し出をした当事者は,裁判所又は相手方の求めがある時は,当該録音テープ等の内容を説明した書面(当該録音テープ等を反訳した書面を含む。)を提出しなければならない。」と録音音源と同時に書証の提出が義務付けられています。

 

                      反訳書見本

反訳書

 

 

反訳(譯)と翻訳(士)の言部

反訳と翻訳の違いを解説「反」

「訓読」: かえ(す)(る),かえりみるもどす
「訓読」: かえ(す)(る),かえりみるもどす
「曾意」: 厂と又との合字で,本義は手を裏がす意味で,又は手,厂は手をか返して,更に之を覆ふことを示し,説文通訓定聲の反の古文では反,厂,又と一との合字で,爪の逆字。爪は手を下向きにした形で反は之を反対にかへす意味で,故に又(手)に從ひ。一を以て手をかへす意を指示とする。

 

反訳と翻訳の違いを解説「翻」
「音読」: ホン,ハン
「訓読」: ひるがえる,ひるがえす,とぶ,ときうつす,つくる
「曾意」: 番+羽で,種を散りまく象形に区画された耕地で田畑に種をまく象形の鳥の両翼を意味し鳥が羽根をの広げひるがえし飛ぶを意味する。甲国の語を乙国の語になおす。

 

反訳と翻訳の違いを解説「訳」
「音読」:ヤク
「訓読」:わけ
「曾意」:「訳」は「譯」の略字で,形声文字を示し物事の成り立ちをあらわし,言葉は表す意味で他国語を自国の語に直して意を通じさせる意味。

 

反訳士の解説「士」
「音読」: シ
「訓読」: じ
「曾意」: 十と一との合字で,本義はしごと・りとめ。轉じて,官につとめる者の意と爲す。
數は学業の本始で。士たるものは先づ書計を学ぷ。而して數は一に始まり十に終る。故に十と一とを合して,仕事・勤め,それを爲す者の意を表はし,又,十と一とは十を推して一に合すること,即ち博より約に返る意で、能く之を爲す者を士と言い、又、一に推して十に合すること,即ち一貰の義で,能く之を爲すものを士とも言い技術を身につけた人で,その技術を生かし処理する能力を保持し生計をたてる人とも言う。

 

 

反訳と翻訳の文字化

日本語翻訳の例

  • 「たったこれべぇっこ→ほんの少し」
  • 「うっちゃぁすれる → 忘れる」
  • 「よういわんわ→呆れ返って物が言えない」
  • 「あいがとさげもした→ 有難うございました。」東北,甲州,関西,鹿児など

各地の方言を必要とする標準語に翻訳するのが翻訳士の仕事です。

 

反訳の例

  • 「たったこれべぇっこ→たったこれべぇっこ」
  • 「うっちゃぁすれる → うっちゃぁすれる」
  • 「よういわんわ→よういわんわ」
  • 「あいがとさげもした→あいがとさげもした」

一言一句を忠実に “耳で読み,目で聞き,心で書面作成手順で整える。それが音声文字化スペシャリストの専門職”反訳士“です。

 

反訳し反訳士による反訳書作成事例

録音された音声データは様々な裁判証拠となる情報が含まれています。
反訳士協会では

PAGETOP
Copyright © 一般社団法人日本反訳士協会 All Rights Reserved.

解析ロゴ2