反訳書の作成依頼を受ける時参考になればと「内容証明も相手に出しているのですが」など,専門家に依頼しないで自分で内容証明の発送まで多少の苦労話を聞くことができたので内容証明の役割を掻(か)い摘(つま)んで書いてみた。

内容証明は,自分が相手方に主張し要求する文で,一般的手紙の配達では相手が受け取っていない。知らないなど,こちらの要求に対し食い違いが生じてしまう。そこで,後々の為(ため)に公的第三者にこちらが主張する手紙が確実に届けられたかを確認できる重要な郵便システムだ。

依頼者から・依頼者が主張する文面・相手方に確実に手紙として配達されたことが確認できて,証拠資料として確実に証明できる証拠資料なのです。

しかし,詳しくは,弁護士,司法書士,行政書士など専門家に依頼することが望ましいのですが,自分で郵便局から配達を依頼するには約束事があります。

文章だけに限定され,文字,記号で書くことなど,

※ 詳しくは以下ページ参照

https://www.post.japanpost.jp/service/fuka_service/syomei/use.html

さらに,忘れてはならない依頼は,

配達証明です。配達した年月日が差出人に郵便局が証明する方法。

※注意事項として,

内容証明の手紙を自分で書いていると,プツプツと怒りなど湧き上がり冷静で簡潔な文書が整わなくなり,内容証明を相手に配達した結果自身に戻ってくる不利益も考えられますので,結論として,やはり専門家の弁護士,司法書士,行政書士の先生方に相談するのがベストと思いますが…

 

文/反訳士 山田正孝 反訳 | 一般社団法人日本反訳士協会