一般社団法人日本反訳士協会は,裁判で音声データを証拠の資料として提出する資料の作成に関する専門的を業務を行っています。共に,音声データの反訳<テープ起こし>の専門技術者を志す方に反訳士の職名資格取得通信講座の受講も受け付けています。
一般社団法人日本反訳士協会

反訳 | 会話を証拠資料に整える

  • HOME »
  • 反訳 | 会話を証拠資料に整える

〇 反訳と真実の証明

 今日の複雑な現代社会。個人の生活から社会生活いたるまで残念ながら偽(うそ)が多いと感じられます。その偽(うそ)見破る方法がありました。

 第一に,相手の顔を「じ~と」見つめていると,その人の精神,心理が不思議に顔と表情に表れ変化が分かるものです。先人の教えの人相学という学問でも表面や衣服で体裁を整えたとしても「真実か?偽りか?」は,すべて顔に表れるが,特に目と声に変化が現れると説かれています。

 その先人の教えを実践して,相手の目(まなこ)を「よくよくじ~」と見つめていると凡眼(ぼんがん)は欺くことができたとしても,真剣に対峙(たいじ)している心眼(しんがん)は欺くことはできないのです。

 人の顔に現象として生理的,心理的な変化が内面から現れますから,直視していると,まさに,目を中心とした顔が「真実か?偽りか?」の報告書なのです。

 第二に「声」です。声として発声する言葉は単なる符号とか意思を通じさせる手段の行為だけではないのです。特に,利害がぶつかり合い,誇りや恥が衝突する裁判では,相手の顔の変化を見抜け「嘘」と指摘しても自分に有利になる証拠とは裁定されませんので,裁判では誰もが納得でき確固たる事実と認識できる資料(証拠)が必要となります。

 そこで,数々ある証拠の中の一つに音声データがあります。音声データには当事者自身の口から発した会話や「録音開始時間,年月日,刻々と過ぎていく会話時間,その事柄に直接関係のある当事者,社会的地位や身分を示す肩書,血縁,続柄,契約,約束,心因的で精神的な苦痛を強いる言葉の暴力,威圧,脅し,恐喝の言葉,録音の背景に聞こえる環境音」など事実が認識できる証拠情報が音声データに有り余るほど含まれているのです。

 しかし,ここで注意が必要なのは,録音機と音声データを直接裁判所に持ち込み「これが録音した証拠です。」と提出しても残念ながら受付は適いません。そこで,先(ま)ず,音声データを文字に起こし証拠の資料(反訳書/書証)として公用文書式の資料に整え用意することが必要となります。

 そこで,裁判所提出用の音声データ文字化専門業務を行っている反訳士がお役に立ちます。一つの音源を複数の反訳士が忠実に文字を起し公用文書式の反訳書に整えさせていただきます。

 

公用文書式反訳書  

 

証拠説明書の書式

 

〇 専門的技術の活用

 証拠の資料(書証/反訳書)を裁判所に提出するとき,ご自身で書面に整え証拠資料として提出もできますが,双方が激しく争っている裁判の最中,当事者自身が平常心を保ち,争いの基となった説明を分かりやすく例を示し終始一貫し問題点を的確に事実関係や理由の根拠を示す書類作成は中々困難と思われます。

まして,音声データを耳にし文字に起こすことは,相当の集中力と忍耐力が要求される大変な作業なのです。
例えば,1時間程度の音声データでは約69,000文字に起こし,反訳書面としては約158頁,会話文字行数は2,827行もの証拠情報として整えることになるのです。

 さらに,ご承知の通り裁判では,両者が証拠を示しながら,それぞれが望む解決を目指している訳ですから,提出された証拠の資料は当然の事実として,それぞれは目を皿のように見開き提出証拠資料を厳しく検証します。

 したがって,音声データを証拠の資料として反訳書の精度はとても大切なことなのです。よって,反訳書の作成専門職であったとしても複数の反訳士が同じ音声データを聞き映画の字幕のように証拠の会話時刻,経過時間を正確に文字化する特化技術を駆使し作成するのです。さらに,紛争に直接係(かか)わらない第三者の立場で文字に起こされた校正用反訳書をご依頼者に送付して共に校正し完成するのが勝機を得る反訳書なのです。

 

〇 裁定を仰ぐ

裁判で言う反訳とは,当事者が各種録音媒体で記録した会話を文字に起こし反訳書面に整える音声文字化技術を指します。 そして,録音証拠とは「ICレコーダー,ボィスレコーダー,携帯端末,固定電話,ドライブレコーダー,動画レコーダー」などで録音した会話記録の音声データを言います。

 その証拠を法廷に提出するとき,音声データの会話を漏らさことなく忠実に文字に起こします。さらに,日常的生活で当たり前に会話している地域言葉や方言,癖言葉などを標準語に変換は行わず反訳し文字起こしすることは重要です。

 証拠資料の反訳書を作成するとき,思い込みや,創作,自分に都合が良く書き添えるなどは証拠価値を失墜してしまう。そして,一般的に反訳書は頁数の多い資料なので,明確に証拠とし主張する会話日時,時間を明示する証拠説明書も同時に添え提出し裁定を受けるのが音声反訳の基本なのであ

 裁判では自分の利益を守ろうとする人。逆に対抗しようとする人。さらに,それらを助けようとする代理人(弁護士,司法書士)などの双方から自分が正しいと主張する証拠が提出され,それを基準にして裁判は進行して解決を目指します。

 反訳した音声データを証拠として法廷に提出するときの音声データは日常生活で当たり前に会話している地域言葉や方言,癖言葉などを忠実に反訳し文字に起こすることは大切です。当事者自身の思い込み,創作,自分に都合が良く書き変えるなどは証拠としての価値を失墜してしまいます。

ですから,余するところなく忠実に整えた証明価値の高い書類として誇れるものであれば裁判で良い結果が期待できるのが反訳書なのです。

 

PAGETOP
Copyright © 一般社団法人日本反訳士協会 All Rights Reserved.

解析ロゴ2