一般社団法人日本反訳士協会は,裁判で音声データを証拠の資料として提出する資料の作成に関する専門的を業務を行っています。共に,音声データの反訳<テープ起こし>の専門技術者を志す方に反訳士の職名資格取得通信講座の受講も受け付けています。
一般社団法人日本反訳士協会

音声反訳 証拠資料の作成が専門

  • HOME »
  • 音声反訳 証拠資料の作成が専門

✴ 裁判証拠資料の作成が専門

 いざこざがすでに起きてしまった時機や下準備の段階では当事者どうしで話しあい友好的に解決策を示すことが可能としたら,先ずもって,それなりに良いことですが,争いを法廷に訴して法律的にどちらがもっともかの裁きを勝ち得るためには「これが本当の裏付け証拠です。」と差し出された反訳書(証書)を読んで誰もがなる程と読解できる成文形成は絶対的な前提条件です。

 
 説得力のある証拠にも様様ありますが,音声・動画情報には作為や捏造は無くて言い逃れもできない事実と様子が生々しく確定的に収録されています。
 
 一般社団法人日本反訳士協会では,裁判に特化し多年積み上げた経験を駆使して,あらゆる録音・録画方式の会話情報を公用文・行政文用語法を基軸にし真価の高い証拠資料の作成業務を専門的に行って

 

✴反訳書の作成

 弁論主義の定めが裁判では,当事者が強く主張しない実態については裁定は行われません。さらに,言い合いの真実でも,理論的根拠として,そこを裏付けできる説得力のある証拠が提示されない限りは裁許はされません。
 
 したがって,当事者が裏付けを示さず言い立ててても,対敵側が真実を論争するとした以上で裏付けできる証拠が提示されない折りは,当事者が賢明でない裁判を被ることは免れないのです。
 
 ですから,説得力のある証拠が大切なのです。裁判では,湖に小石を投げて波紋が拡がるように,はじめは無視できる発言や行動のズレの違いから物ごとがはじまります。
 
 訴えた者,訴えられた者,大多数の人は生涯で一度体験するかどうかが裁判なのです。
お互いに自らが公明正大と言い張り続け,論旨が嚙み合わず,意図的にズラし堂々巡りを続かせる弁論に終始する。
 
  • 私は言いました。 → 俺は聞いてない。
  • 確かに貸しました。 → 借りた覚えははい。
  • 約束しました。 → 記憶にない。
  • 噓を言いました。 → 絶対噓はついてない。
  • 君が先だ。 → いや,あなたの方が先です。
 
 などなど,お互いに自分が正しいと主張し続けて押し問答になり定まらず,感情はエスカレートし相手に非難の嵐を吹きつけて,果には親兄弟,親戚,知人,友人が話に加わり入れ知恵されて相いれず,抉(こじ)れに抉(こじ)れてしまった結果を終わらせるには裁判所で裁定を仰ぐことしかないのです。
 
 裁判がはじまり事実を証明する音声データでは自分が正しいと主張するには約束ごとがあります。真実の会話場面を記録した「録音開始」から「録音停止」までの全録音時間の会話をテキスト化し反訳書に整えます。

 自分の都合で,録音会話の一部を反訳,一部を証拠資料として提出しても,「分かったのか」と記録されていたと主張しても理解されません。
 
 録音され会話は時間が過ぎると同時に刻々と内容が進展していきます。ですから「分かった。」の会話の前後やニュアンス,さらに,返答でも,判断が全く変わってしまいます。

 共有している時間で交わされた会話の脈絡が重要なのです。
特に,利害が衝突した争いで,誇りも恥も投げ捨て,争う裁判では相手の顔をジーと見ていて,顔色の変化を見抜き「それは噓(うそ)だ。」と言葉で指摘したとしても有利になる証拠と,裁定されることはないのです。 
 
 裁判では,誰もが膝を叩いて「確かに,そうだ。」と納得でき確固たる事実の認識ができる証拠の用意は絶対です。
ですから,イザと言う時の為に持っていた音声データは重要な証拠とし役立つ資料なのです。

 音声データには自身が発声した言葉で「録音時間,年月日,会話時間,当事者名,社会的地位,身分,肩書きなど,さらに,血縁,続柄,契約,約束など,又,心因的(しんいんてき)精神的に苦痛を強いられた言葉の暴力,威圧,脅し,恐喝」などの事実を証明できる証拠情報が満載に含まれているのです。

 
 したがって,音声反訳では忠実に文字に起こし公用文書式の以下,反訳書に整えたる裁判反訳専門の反訳士(ハンヤクシ)が証拠資料の作成に助力いたします。

 

公用文書式反訳書

反訳書のサンプル

証拠説明書の見本

証拠説明書サンプル

校正用反訳書

校正中反訳書サンプル

 

 

✴専門的記述

 音声反訳しして証拠資料の反訳書を自分で作成して裁判所に提出することも可能です。しかし,双方が激しく争っている裁判で多くの裁判ストレスを抱えながら平常な心を保ちながら,争いの基とになった書類を証拠の資料として整えるのは大変に困難な作業になります。
 
 まして,対立している相手が喋る音声を耳にし,あの時の不快な事柄を確認して,一字一句を書面化するには忍耐と集中力が保てなければ作成できません。
 
例)を示しますと,
平常時の会話は平均的速度(音節)(切れ目なく,前後に切れる単音,単音連続)では,1分間400字詰め原稿用紙を読む速度になります。
 
 その速度で,1時間程度を音声反訳しますと,約40,000から60,000の文字がテキストとして起こされます。
さらにページ数では約160頁になり,各頁の全行数は2,900行もの膨大な証拠会話位置を抽出することになります。
 
 裁判では相手のあることです。代理人や相手方は提出された証拠資料(反訳書)と音声を聞き合わせ目を皿のようにして提出された証拠資料(反訳書)を検証します。 その上,疑問点,不信箇所には検証反訳を求められる場合もあります。

 したがいまして,提出する反訳書の作成精度は重要です。
そこで,専門職の反訳士であっても反訳精度の向上には複数の反訳士が同じ音声を耳にし文字を起こして,さらに,最終的には反訳書の作成依頼者と共に校正して完成させるのが勝機を得る最も良い方法なのです。

 

メールフォームへ
反訳に関するお問合せは

 

PAGETOP
Copyright © 一般社団法人日本反訳士協会 All Rights Reserved.

解析ロゴ2