日本反訳士協会

結果を得る反訳書(証拠資料)の作成

  • HOME »
  • 結果を得る反訳書(証拠資料)の作成

リアルな反訳書の作成 

それぞれが話し合い最善の結論を求める姿勢は大切です。しかし,対話を続けても意志疎通が実らずに解決に至らず裁判所の法廷に訴を起こししたとき,自身が願っていた裁定を得るには「真実の証拠」と「根拠」示す裏付けできる資料の提出は不可避(さけられないこと。)です。

真実(うそでないこと。偽りでないこと)。の証拠(事実,真実を明らかにする根拠)の客観的に整理された説明書面資料を用意が重要です。

真実を裏付ける証拠(文書,検証物,証人,当事者本人,鑑定品)には数々ありますが,証拠の一つに「あなたの言葉は信用できない」として,録音,録画したリアルな会話や状況データには(会話者・会話内容・年月日・発言時刻・背景音」等々証拠を示す(貴重な証拠情報)が多量に記録されています。

その貴重証拠情報を裁判の法廷に証拠として提出する資料を専門的に作成する業務を日本反訳士協会(一般(社))は,多くの裁判経験で積み重ねた証拠資料(反訳書)作成技術を駆使して録音,録画証拠情報発生時刻を公用・行政文用語法に準拠して証拠を指し示す価値の高いリアル(現実に即している)。裁判所提出の反訳書(証拠資料)を作成したします。

 

裁判証拠資料(反訳書)の必要性

弁論主義の裁判では当事者が主張しない事実について判断は受けられません。又,当事者が,主張すべき事実を主張しないと意思表を示したとしても,相手が事実について争うとしたときは,それを覆す(それまで正しいものとされてきた考え方や決定を根本から変える)。裏付け証拠を提出しないときは,当事者が不利益な判決を受けることを免れません。

したがって,何も根拠を示さず,自分が正しいと言い張っていても,物事が存在した事実と理由を示さない限り自分が望んでいる結果にたどり着くのは困難です。ですから,相手より受けた事実を基にして,その被害を示す推論と説得力の有る証拠資料(反訳書)の用意が重要になるのです。裁判では証拠を積極的に示さない限り「相手から受けるダメージは小石を湖に投げた波紋の広がりの様に最初は大した問題ではないと思っていたも思惑と違う」結果を受けることになってしまうのです。

私は言った。 俺は聞いてない。
確かに貸した。 借りた覚えははい。
約束しました。 記憶にない。
噓だ。 絶対噓はついてない。
君が先だ。 あなたの方が先です。

など,証拠を明確に示せない時は,互いに自分が正しいと主張し続けて,時には親兄弟,親戚,知人,友人などが横から加担して,入れ知恵で歪曲され,互いに相いれず抉(えぐ)れに抉(えぐ)れ,水掛け論や押し問答で感情をむき出した誹謗(ひぼう)中傷の反論書類や言動に悩まされ,結果的に時間だけが経過して裁定を仰ぐ時期になってしまうのです。

ですから,正しい主張と根拠を示す証拠の用意は絶対的条件になります。
そこで,証拠の中の一つにリアルな会話を録音,録画した会話記録には膨大な証拠情報が記録されています。証拠発生の対面年月日,証拠会話の録音開始から停止までの刻々と過ぎる証拠会話時刻,さらに,録音会話の背景に聞こえる有形,無形の力音,そして,対峙者氏名,地位,身分,肩書き,血縁,続柄,契約,約束,心因的(しんいてき)や精神的に苦痛を強いられた言動や威圧,脅し,恐喝的の暴言など証拠事実を証明する情報が記録されているのが録音,録画データなのです。

日本反訳士協会(一般(社))の反訳士は,その証拠情報を「忠実で正確」に文字に起こす豊富な経験と技術を駆使して,以下に示す公用文書式の反訳書を申し受けます。

裁判提出公用文書反訳書

裁判証拠資料の反訳書

裁判証拠説明書の見本

裁判法廷提出証拠説明書

裁判証拠資料の校正用反訳書

裁判資料の校正用反訳書サンプル/見本

 

裁判提出証拠資料(反訳書)の校正

自分で音声を反訳し証拠資料の反訳書を作成して裁判の法廷に提出することも可能ですが,双方が激しく争っている裁判で腹立たしい強いストレスを抱え平常心を保って証拠資料(反訳書)を整えるのは予想以上の気力体力を消耗する大変な作業となります。まして,激しく争っている対立相手の声を耳にして不愉快な事柄を一文字一文字反復し書面の作成は予想を超えた忍耐と集中力が必要となります。

※反訳書の作成作業例を示しますと,
人が平常な時に話す平均会話速度(音節)(切れ目なく,前後に切れる単音,単音連続)で,1分間で400字詰め原稿用紙を読む速度で録音された音声は再生されます。
その平均的速度で,1時間の音声を反訳しますと,約40,000から60,000の漢字交じりの文字が起こされます。
それを公用文書式の反訳書に整えますとページ数にすると160ページになり,各ページに示す証拠会話の行数は2,900行にもなる膨大な証拠を示す行数になります。

そして,裁判では相手が存在します。相手代理人や相手は証拠として法廷に提出された反訳書と反訳基音源を聞き合わせ,目を皿のようにして提出された反訳書の一字一句の検証が予測されます。したがいまして,裁判の法廷に証拠提出する反訳書の作成精度は極めて重要なのです。

その精度を上げるため複数の反訳士が同じ音源を聴き確認し,最後は反訳書作成依頼者(裁判当事者)が加わり校正の上で完成するのが結果的に良い最低を得る秘訣なのです。

PAGETOP
Copyright © 一般社団法人日本反訳士協会 All Rights Reserved.

解析ロゴ2