日本反訳士協会

反訳書の作成と機密保持

  • HOME »
  • 反訳書の作成と機密保持

秘密保持の約束

反訳書(証拠の裏付け資料)を裁判所に提出するとき,反訳書作成に際し,ご依頼者と多量の機密情報が交わされます。個人,法人の機密を厳守することは当然ですが,反訳書の作成に際して,ご依頼者様から短期的にお預りする機密=〔秘密〕情報の管理は裁判の法廷で公開されるまでは厳重に保持されるのが機密保持契約です。

※秘密〔=機密〕情報は裁判所提出の証拠資料(反訳書)関係一式がご依頼者に納付された時点で,一般社団法人日本反訳士協会とやり取りされた,送付,郵便,宅配便,電子メール,FAXなどの交換手段で交わされた全ての情報はコンピューター及び協会内から完全削除,シュレッダー処理される約束が機密保持契約です。

 

機密保持契約


(甲)○○○○氏(反訳書の作成依頼者)と(乙)一般社団法人日本反訳士協会代表の山田正孝の間における,秘密情報の取扱に関して以下のとおり契約を締結します。

第1条(定義)

本契約における秘密情報とは甲から乙に裁判証拠提出目的で録音物の反訳作成媒体とそれに付随した資料及びすべての打ち合わせ内容を合わせて秘密情報と定める。

第2条(秘密を守る義務)

甲から乙に業務委託された秘密情報で乙が知り得た事は善良なる管理者の注意をもって守秘の義務を守り,その秘密情報の返却まで管理,保持するものとする。

第3条(使用目的)

甲から乙に委託された裁判証拠提出資料の反訳書作成目的の秘密情報は反訳書作成作業に限り利用する。

第4条(権利義務の譲渡の禁止)

乙は甲の書面による同意を得ない限り,本契約で生ずる権利又は義務の全部又は一部を第三者に譲渡,承継させてはならない。

第5条(複製・複写)

乙は本件の契約に係る情報を必要のある場合にのみ複製複写ができる。

第6条(秘密情報の返却と破棄)

乙は,本契約が納品によって反訳作業が終了した時,甲が依頼時に配達した情報を返却し,反訳に伴い取り交わした全ての情報の痕跡は廃棄するものとする。

第7条(有効期限)

本契約の有効期限は,反訳依頼日より納品によって反訳作業終了日と定める。尚,本契約の延長などについては,甲乙協議で決定するものとする。

第8条(合意管轄)
本契約に関する紛争に付いては乙の事務所住所地の裁判所を第一審の管轄裁判所とする。

以上

PAGETOP
Copyright © 一般社団法人日本反訳士協会 All Rights Reserved.

解析ロゴ2