日本反訳士協会

反訳書の作成 音声会話に含まれる有形無形(力)について

  • HOME »
  • 反訳書の作成 音声会話に含まれる有形無形(力)について

最初に味わう人間関係

争いの歴史は人間生活の歴史です。争いやトラブルに巻き込まれると,その心配ごとが頭から離れず心身ともに疲労困憊(ひろうこんぱい)してしまいます。

自分としてはトラブルの解決に誠意を示し対応してきた。しかし,残念なら基本的な考えが異なり「人の話は都合よく聞き」「自己の主張を無理強いして」「言った,言わない」「聞いた。知らない。」「渡した,受け取っていない」の口論,全ての会話は噛み合わず結局は水掛け論で収拾が付かない。トラブルに巻き込まれた人々が先ず最初に味わう人間関係なのです。

 

争いの解決

日頃から信頼し心を寄せていた仲間や知人,さらに,先輩を訪ね歩き助言やアドバイスを受けたがトラブル解決の糸口が見いだせない。

さらに,公(おおやけ)の相談場所(国民生活センター,労働基準監督署,暮らしの窓口,無料法律相談,法務事務所)なども訊ねたが良案が見つからない。

結局,最後の拠(よ)り所の法律で解決するしかないと決心,裁判所に足を運び良識ある裁定を仰ごうと決心した時「怒りの気持ち。」「悔しい思い。」「情けない心。」など,愚痴を長々と述べるだけでは自分が思い描いていた裁定が得られないを実感することになる。過去,当職の叔父(元東京高裁判所判事)に「水掛け論」の争いは裁判で解決できますかと尋ねたとき,

答えは「裁判所に訴えてくる人々の問題点,争点,論点,事案,は一件一件の事柄や事情が違う。」そして,最も大切な事は論(ろん)は後,証拠が先「弁舌多く言葉や書面で説明するよりも,たった一つの真実の証拠と証拠資料が目前に示されたら裁判官は裁定ができる。」と,次に示す証拠の考え方を知らされた。

 

証拠

自分ではなく他人が事実だと発言した言質(のちの証拠となる言葉),証言(実際に経験した事実)・供述(ある事実について述べること)
人を除く物的(​形や位置など,物の状態)
事実が存在するかしないかを示す直接的なもの
物を間にして,間接的に要証の事実を証明する役立つもの
裁判官や検察官の尋問に事実です。と,答えた供述
人が話した内容の非供述証拠(録音,録画の反訳書)
≪結論≫
真実が証明きる質が高く説得的法的書類に整えられた証拠が最も重要と理解ができる。

 

有形,無形の音力を表記

録音された音声や動画記録に含まれる会話と共に聞こえる物理的「殴る、蹴とばす、叩く」などの暴力的な音や会話が音として聞こえるのが有形力で,無形力は眼には見えない力「暴言,脅迫,脅し」など会話の中に含まれる音声が該当します。

以下が反訳書として文字に起した例

階下マンション住民に上階から昼夜,連日打音を発生し続ける入やがらせ音を反訳書に作成
ラジオやテレビを大音量で深夜,早朝から拡声し続ける音を一秒単位の時刻を反訳書に表記
介護,身障施設中背後から突き倒し足蹴など監視カメラ動画を証拠時間と共に反訳書に反映
車の幅寄や行く手に物を投げあおるドライブレコーダ記録を緯度経度を反訳書に表記
無言電話と背景に聞こえる雑音と嫌がらせ電話で恐怖を煽り続ける通話記録を反訳書を作成
伝染病患者を告知せず医師の診察で感染が分かった行為のレコーダ記録を反訳書で証拠提出

≪追記≫
記録し保存された昔からのカセットテープ,ビデオテープ,そして,近年のICレコーダ,ボイスレコーダ,ドライブレコーダ,携帯端末,固定電話,監視ビデオで記録されたデータには裁判で有効な価値の高い証拠情報が豊富に記録されているのです。

 

PAGETOP
Copyright © 一般社団法人日本反訳士協会 All Rights Reserved.

解析ロゴ2