音声データを裁判所に証拠提出する反訳書作成業務。その音源のノイズを除去し明瞭化技術の提供。さらに,反訳士を志す通信講座の開催。録音会話の文字化専門的技術を提供いたします。
一般社団法人日本反訳士協会

反訳 音声明瞭化技術

  • HOME »
  • 反訳 音声明瞭化技術

❖ 良質の音声

ICレコーダー,アイフォン,携帯端末など各種録音装置で録音した音声会話を裁判で証拠資料として提出するとき,公用文書式の反訳書と共に音源も同時に提出します。

しかし,その音源に雑音(ノイズ)などで聞き苦しい場合,重要な証拠資料としての価値が低下し証拠裁定に影響を及ぼしてしまいます。

  • 雑音(ノイズ)で会話が不明瞭であったり,
  • 相手の話し声が小さかったり,
  • さらに,声がこもり不明瞭であったり,

この様な場合の音源では聞き違いや思い込みなどで誤訳が生じ証拠の価値や裁定判断に疑念が生じます。

したがって,雑音(ノイズ)紛れで聞きずらい音声の雑音(ノイズ)を除去し,会話を明瞭化にする技術は証拠価値を高めることが期待できます。

40年を超える蓄積したノウハウと音響技術と経験,又,独創的明瞭化先進技術を駆使し不快な雑音(ノイズ)し明瞭な音声会話が実現できる技術が音声明瞭化技術なのです。

明瞭化の結果,“聞き間違い “や “思い込み “で生じる争いを事前に予防できるのが雑音(ノイズ)除去技術なのです。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

❖ 雑音・ノイズの除去

・会話の背景に聴こえるテレビ,ラジオの音の低減

・衣服などにマイクが触れる雑音やノイズの低減

・録音機の性能による音質低下の向上とノイズの削減

・肯定、否定の濁音「だ・じ・ず・ぜ・ぞ」の明瞭化

・サ行歯擦音(しさつおん)の明瞭化とノイズの改善

・会話に混入する緊急車両のサイレンノイズ音の低減

・電車、車両、航空機の通過妨害ノイズ音の低減

・換気扇,クーラー、モーターうなりノイズの低減

・廊下の歩行音,椅子のひきずり,ノイズ音の減音

・会話中のクシャミや咳(せき)払いのノイズの減音

・面談中密につぶやく捨て台詞(せりふ)音の拡大化

・同席者が聞こえないように,つぶやきの明確化

・電話や携帯電話から漏れ聴こえる声の拡大と明瞭化

・あらゆる雑音(ノイズ)の除去

 

 

❖ こもった会話をすっきりと 

録音した室内環境による障害も音声明瞭化技術で改善ができます。狭い会議室で録音したこもった音声、広くコンクリート壁の室内で録音した反響音の低減と音声明瞭化技術を提供します 。

雑音波形

雑音除去済み波形

 

 

❖ 除去可能雑音(ノイズ)の種類

ヒスノイズ波形

  • ヒスノイズ
    「ザー」と聞こえる耳障りな高域音の雑音(ノイズ)で,録音されている会話や音声に関係なく一定の大きさで発生し、会話や音が小さい場所ほど雑音(ノイズ)として聞こえる雑音(ノイズ)です。
  • ホワイトノイズ
    不規則な雑音(ノイズ)で,再生される会話や音に混じり全周波数帯域で不規則に会話や音に影響を与える雑音(ノイズ)です。
  • ピンクノイズ
    周波数に反比例する雑音。
  • 環境が録音に影響する雑音(ノイズ)は,突然の雷、窓や壁、屋根を叩く強い雨音、航空機や緊急車両、電車、自動車の通過音、エアコンや空調、扇風機の回転音、会話の背景に聞こえるテレビやラジオの音、電話やファックスの着信音、室内に配置された電子機器の音、隣の家や隣の座席から聞こえる会話、ウェートレスの応対会話など、録音しているときに音声に紛れ込む雑音(ノイズ)。

ピンクノイズ

  • 雑音(ノイズ)除去で雑音の見本を示しますと、必要とする音声は(水色部分)で,その水色の音声の回りを包み覆う雑音(紫)が,雑音(紫(ノイズ))です。その(紫)の雑音(ノイズ)を除去しますと雑音(ノイズ)に紛れた音声が再現できます。

※雑音を含んだ音声見本

※雑音を除去した音声見本

 

❖ 衝撃音の除去

衝撃音波形

  • 会話途中の突然のクラクション雑音(ノイズ),ドアーの開閉音雑音(ノイズ),物を落下した時の落下雑音(ノイズ),食器やスプーンなどの接触雑音(ノイズ)は、人の話すより大きく聞えて録音されて大切な証拠の音声を打ち消してしまいます。衝撃的雑音(ノイズ)は証拠の価値を検証する人々の検証意欲を損ねてしまいます。したがって、衝撃的雑音(ノイズ)を減少したり除去して不快感なく普通に聞き続けられる音波技術も明瞭化技術なのです。

衝撃音2波形

  • 口論や議論が白熱している時、とかく攻められている側の返事は小声になってしまいます。しかし、その小声が証拠としては大切で「判った」「約束する」「誓う」「保障する」「ゆずる」「承知した」「支払う」「渡す」「わける」などの同一音波の音色,音圧、波形で照合し,通常の会話の音量と同じ音量に調整することもできます。聞こえにくかった小声で話す決定的な単語箇所をタイムラインとして反訳書に明確に記入し、音声証拠の価値を向上することもできます。
 
PAGETOP
Copyright © 一般社団法人日本反訳士協会 All Rights Reserved.

解析ロゴ2