裁判で事実を証明する証拠の音声や動画記録を「これが証拠です。」とCDやUSBのメディアをそのまま裁判所に持参しても受付けはかないません。
受付けには手順と資料(反訳書)を整える必要が有ります。

証拠の資料(反訳書)で,1頁の上段要約で以下を示します。

1 音声,動画の録音データの総時間
2 収録年月日
3 何時から何時までの時間
4 収録住所及び場所名
5 収録相手の詳細
6 収録者の氏名
7 収録目的

※原則として,
証拠の資料(反訳書)の作成では,自分に都合がよい場所の録音録画音声データを文字に起こし「これが証拠です。」では,改めて全ての記録の提出を求められ,証拠資料の信頼が吟味されることです。

ですから,正確で完成度の高い反訳書を整えることが重要なのです。
それが裁判の行方を左右することになるのです。反訳士は音声や動画データを文字に起こすスペシャリストです。
裁判証拠資料の作成経験が豊富で,音声データに含まれる有形,無形の内容も詳細に文字に起こします。

さらに,完成度を高めるために同じ録音,録画データを,第一反訳士が反訳書を作成して,引き続き第二反訳士が検証確認反訳,最後に反訳書の作成依頼者に校正用反訳を依頼し検証後に完成される手順です。

特に会話と同時に有形,無形ので証拠に結び付く時間(タイムコード)を一秒単位の時刻で「いつ,誰が,その時間に,何を話した。どんな行動をしたか。」など,会話者,内容,を明確に示す連続行番号を表記して公用・行政文作成法に準じ反訳士が校正用反訳書を整えます。

校正用反訳書の校正では反訳書の作成依頼者によって「会話名,職名,立場,縁故,会話内容,語源,誤字,脱字」の確認が行われまます。

反訳書