・反訳証拠の価値

裁判証拠資料の作成過程で,自分に都合の良い録音ヶ所や会話の一部分を抜き取り文字に起こし反訳「真実の証拠です。」と裁判の法廷に提出した場合は証拠の価値を著しく低下させてしまいます。

裁判では双方ともに人生や日頃努力し築き上げた名誉を無くすのは一瞬の裁定で決まってしまいます。
さらに,証拠資料の反訳書を裁判所に提出しますと,当然の事として相手側も厳密に反訳書の状態を厳しく吟味し「提出された証拠資料について,これは音声の一部を切り取り反訳しましたね。全録音会話を文字に起こした証拠資料ではないですね?」と提出した反訳書の作成真意を糺(ただ)される場面も多々起こります。

その様な指摘が裁判の法廷で相手方から示されますと,信頼できない証拠資料となってしまいます。よって証拠資料の反訳書面作成では十分な時間と検証が結果的に裁判で自分が望む結果を得る秘訣なのです。裁判の法廷から信頼を得るには,十分に時間を費やし,偽りのない検証と校正を重ねるのが証拠価値として重要なのです。

 

・校正と校閲の反訳書

裁判所提出の証拠資料の作成過程で校正,校閲の,校正とは=「反訳した結果の校正反訳書を音源と聴き合わせ,誤字や誤訳,表記の間違いを正す」そして,校閲とは=「反訳結果の誤り正すことと,反訳文中の事実を確認、修正」を複数の反訳士と録音当事者が音源と聴合わせ校正反訳書を整えます。

さらに,音声会話や音と同時に聞こえる「有形力,無形力」の事実確認,「冗言,方言,癖言葉,土地言葉」の漢字交じりの文字を検証,最後に裁判で争っている当事者が校正,その時間を費やして裁判所提出するのが証拠資料の反訳書なのです。

 

・裁判当事者の証明力評価

裁判の証拠資料作成段階では裁判当事者が加わりは反訳書の校正や校閲欠かすことができない作業過程です。それは裁判で争っている当事者だけが判断できる「録音録画の開始時間や年月日,録音した場所,天候,住所,名称,会話者の名前,職名,立場,縁故」などを正す校正作業は証拠資料の作成では欠かすことはできない工程です。

裁判当事者を交えた校正,校閲を第三者の反訳士が公用・行政文作成法に準じ清書,製本,偽りが無い証としを顕(あらわ)す押印,音源と共に裁判所に提出するすのが裁判所提出の反訳書なのです。

反訳書はただ音声会話を文字に起こした書面ではなく,裁判所に対して事実の存否(存在しているか,存在していないか。有ったか無ったか。)の心証(証明力の評価)を得る資料が反訳書ですから,裁判当事者が現実に録音開始ボタンを押した開始時刻から停止ボタンを押した証拠経過時刻を会話が経過する時刻(証拠時間)やときには位置情報(緯度経度)なと秒単位で証拠時刻を指し示すことは裁判の審理過程で裁判官の心証を得るのに重要な書面形成なのです。

※ 反訳書見本は,午前11時から録音が開始され,会話経過時間は1秒単位で証拠時刻を表記している。

反訳書

会話経過時間は1秒単位で証拠時刻を表記している。