証拠価値の真意

証拠資料の作成過程で自分に都合の良い録音ヶ所や会話の一部を抜き取り文字に起こして反訳「これが真実の証拠です。」と裁判の法廷に提出した場合は証拠価値は著しく低下させてしまいます。

裁判では双方ともに人生や日頃の努力で築き上げた名誉を失うのは一瞬の裁定で決まってしまいます。ですから,当然のこととして証拠の資料を提出すると,相手側は厳密に吟味して「提出された証拠の資料について,これは音声の一部を切り取り文字に起こしましたね。全ての録音会話を文字に起こした証拠の資料ではないですね?」と提出証拠の作成真意を糺(ただ)す場面も多々あります。

すると裁判の法廷から信頼されない証拠の資料になってしまいます。したがって,書面作成に準備と検証が裁判で自分が望む良い結果を得るには秘訣なのです。
信頼を得る。十分に時間を費やす。検証と校正を重ねる。作成する裏付け資料の作成過程では疎かにはできない工程なのです

 

校正反訳書の作成意味

証拠資料の作成過程では同じ証拠音声を複数の文字化専門職の反訳士が文字に起こして反訳資料をつくります。第一の反訳士が文字に起こし作成,その文字に起こされた反訳資料を第二の反訳士が音源と聴合わせ作成します。

さらに,音声会話や音に含まれる「有形力・無形力」の事実を確認,そして「冗言,方言,癖言葉,土地言葉」の漢字交じりの文字などを検証,最後に校正用の反訳書を作成,裁判で争っている依頼者が直接校正の結果で,やっと裁判所に提出する反訳書が整うのです。

 

裁判当事者の校正

裁判証拠の資料作成依頼者を加えてた校正用証拠資料の作成過程では,裁判で争っている当事者だけが判断できる「録音場所,住所,名称,話者名,職名,立場,縁故,誤字,脱字」などを校正書面を作成する証拠資料の段階で作成されます。

裁判当事者を交えた校正され作成された書面を第三者の反訳士が公用・行政文作成法に準じ作成して製本。最後の段階で作成され偽りが無い証拠としを顕(あらわ)す押印して,音源と共に裁判所に提出するすのが反訳証拠資料なのです。

裁判証拠の資料作成依頼者を加えてた校正用証拠資料の作成過程では,裁判で争っている当事者だけが判断できる「録音場所,住所,名称,話者名,職名,立場,縁故,誤字,脱字」などを校正書面を作成する証拠資料の段階で作成されます。

裁判当事者を交えた校正され作成された書面を第三者の反訳士が公用・行政文作成法に準じ作成して製本。最後の段階で作成され偽りが無い証拠としを顕(あらわ)す押印して,音源と共に裁判所に提出するすのが反訳証拠資料なのです。

 

反訳書

裁判資料の反訳書