一般社団法人日本反訳士協会は,裁判で音声データを証拠の資料として提出する資料の作成に関する専門的を業務を行っています。共に,音声データの反訳<テープ起こし>の専門技術者を志す方に反訳士の職名資格取得通信講座の受講も受け付けています。
一般社団法人日本反訳士協会

録音反訳 <証拠・事実の証明・論より証拠・根拠>

  • HOME »
  • 録音反訳 <証拠・事実の証明・論より証拠・根拠>

❖ 証拠

裁判で自分が正しいと真実を証明する方法の必然となる証拠について当職の叔父(元東京高等裁判所判事)より享受(きょうじゅ)を得る機会があった。全文は※反訳士の職名資格が取得できる通信講座の教本で掲載。

「裁判は弁論主義が原則。だから,当事者が主張しない事実に基づいての判決はできないんだ。」と,さらに「双方が争い事実を原則として証明する証拠の提出がない限り真実と認めることはできないのだ。」と,

その上「当事者が主張すべき事実を主張せず,又,主張したとしても相手が,その事実を争うときは,それを証明するのに足りる証拠の提出がないときは当事者は不利益な判決を受けることは免れない。」のだと

さらに、「裁判では自分の利益を守ろうとする人々,それを助けようとする代理人双方が互いに証拠を出し合い。それをもとに裁判は進行するのだ。」と,

しかし、「裁判は一つ一つの事件が全て違うから、白黒を決めるのでなく,黒か黒ではないかを観察し黒でないとしたら,その事件がどんなにグレーに近い黒であったとしても判断はとても難しい。」のだと。

更に「ある事柄を証明する為に自分が実際に体験したと推測できる状況証拠や記録や文書等で検証が行える客観証拠で提出されたそれぞれの証拠の中で相手の言い分が成立し,又は,わずかでも成り立つ可能性があった場合は当事者から提出された証拠価値が下がってしまうものだ。」と,証拠の意味を教えられた。したがいまして,当事者自身が約束を交わした音声データは重要な証拠物となり得ることである。

 

❖ 事実の証明

事実の証明について裁判では全ての秘密を隠さず述べたとき,又,誰の目で見ても明らかだとされた場合は証拠や証明をする必要はないとされています。

ひと昔前の何でも相談できる向こう三軒両隣の時代とは違い今日の複雑な社会環境では自分の力だけではどうしても解決できない事柄に突然に巻き込まれることがあります。

その問題が複雑になればなるほど日常生活の中でときと場所を選ばすに巻き込まれた状態が「どうして?」「なぜ?」と頭から離れず悶々(もんもん)として,結局は身も心も疲れ果て生活にも仕事でも大きな影響がでてしまうことがあります。そして,仕方なく法律の力を得て問題の解決をしようと思い立ったとき,たまたま過去にその問題について話し合った際の録音した音声データがあり,それを事実の証明として裁判所に届ける場合は反訳書が必要となります。

 

❖ 論より証拠

昔から「論より証拠」と言う格言がある。裁判では陳述書(ちんじゅつしょ)や口頭で「良いか,悪いか」など,あれやこれやと説明するだけではなくて,目に見える形の真実を証明する形の証拠を示す。そのことが物事がハッキリするのだという格言は昔から知られている。

 

❖ 反訳書の提出義務

いろいろの“証拠”の中で本人が直接会話した音声データは真実と証明できる重要証拠なのです。音声データを証拠資料とし裁定を受けるため法廷に申し出たとき,

※ 民事訴訟規則148条では「写真又は録音テープ等の証拠調べの申出をする時は,その証拠説明書(反訳書)において,撮影,録音,録画等の対象並びにその日時及び場所をも明らかにしなければならない。」とされ,

更に149条では「録音テープ等の証拠調べの申出をした当事者は,裁判所又は相手方の求めがある時は,当該録音テープ等の内容を説明した書面(当該録音テープ等を反訳した書面を含む。)を提出しなければならない。」と録音音源と同時に書証の提出が義務付けられています。

 

❖ 専門家の経験と知識

民事裁判の本人訴訟制度では訴の提起がなければはじまりません。
・訴状・答弁書・準備書面・証拠書類などなど。各種の提出書類を法律専門家に頼らす自分で用意し裁判所に提出することもできます。さらに,自分でテープ起こしをして証拠資料作成専門家「反訳士」を頼らず自分で作成し裁判所に提出もできますが,

特に録音反訳の場合で,その証拠を基に裁判を自分一人で争っているわけではなく相手の代理人や審理中の裁判官から「自分に都合よく創作された箇所や思い込みが多い」と法廷から心証を受けてしまうと,専門家を頼らず今まで述べてきた信憑(しんぴょう)性を失ってしまい描いていた裁判結果とは違った方向に進んでしまうことがあります。

したがいまして,多くの裁判資料や証拠資料の作成では専門家と共に証拠資料の作成はとても大切なことなのです。証拠資料の作成では「一言,時を劃(かく)す」と言う格言のように一言の文字,一音節の間違いが裁判の行方に影響が及ぼすことを経験豊富な専門家は熟知しているのです。

 

❖ 証拠の質

真実を証明する録音反訳で,その音声データを文字に起こした反訳書には膨大な証拠となる文字情報が含まれていて,一般的な会話の速度では1秒間に約6~7の漢字交じりで反訳され文字に起こされます。

穏(おだ)やかな口調では1秒間で5文字以下ですが,話し合いが激昂(げきこう)したときは1秒間に9~10文字と増え,さらに,複数の人々の会話でさえぎったり,割り込んだりする場面では1秒間10~14の文字が反訳され起こされることになります。

さらに,30分程度の録音を反訳し文字に起こしますと反訳書の総ページ数は約40~60ページで文字数では約34,000の文字となり膨大な証拠となる会話の痕跡が文字に起こされた裁判の重要証拠資料となるのが品質の高い反訳書なのです。

① 音声データ ② 文字数 ③ 頁数 ④ 行数
15分 16,500文字 29頁 700行
30分 33,800文字 58頁 1,420行
45分 51,750文字 121頁 2168行
60分 68,500文字 158頁 2827行
1時間15分 83,200文字 189頁 3420行
1時間30分 79,750文字 227頁 4072行
1時間45分 113,600文字 260頁 4671行
2時間 128,500文字 293頁 5285行
2時間30分 159,000文字 367頁 6518行
3時間 200,800文字 458頁 8,158行

❖ 記号の説明
① = 録音された音声データの時間
② = 録音反訳の文字数
③ = 公用文書式の反訳書合計頁数
④ = 会話者が発言した証拠会話行数

 

❖ 人の記憶

普通の人の記憶能力はビックリするほど短くてわずか数秒で,漢字や平仮名交じりの文字起こしでは5~7字程度なのです。又,数字では桁数で7~8 桁(けた)が短時間に記憶できる能力なのでです。

だから,誰にでも聞き間違い,思い込み,誤訳してしまうのです。それに気付かず証拠資料として提出してしまうと,裁判の途中で訂正書の提出に迫られることとなり,裁判の公平性に対し心証を害し良い結果が得られないこととなってしまうのです。従いまして,文字の校正の大切さを理解する必要があります。

PAGETOP
Copyright © 一般社団法人日本反訳士協会 All Rights Reserved.

解析ロゴ2