日本反訳士協会

音声反訳・証拠の価値・質の高い反訳書・人の記憶 <裁判> 

  • HOME »
  • 音声反訳・証拠の価値・質の高い反訳書・人の記憶 <裁判> 

・証拠の価値

・一言,時を劃(かく)す。論より証拠

僅(わず)一言(いちごん)が裁判の行方に影響を及ぼす及ぼす格言があり,さらに,「論より証拠」と言う格言もあります。

争っている裁判で陳述書(ちんじゅつしょ)や口頭で「良いか,悪いか」など,くどくど,あれやこれやと長々と説明して納得を得るにはかなりの文才と表現能力が要求されます。

したがって,目に見える形で裏付けられる証拠を示す。それが素早く物事をハッキリできると昔の人は「論より証拠」と格言を残しています。

現代では事実,真実を指し示す道具に音声や動画が記録できる媒体があります。その記録を文字に起し「本当にあった」事実を証明する証拠の価値を高めるのに反訳書は大いに役立つ証拠資料なのです。
「本当にあった」事実を示す反訳書(裏付け証拠)の基(もと)は紛争当事者自身が発声し偽ることができない言葉の一語一句を文字に起こしたリアルな証拠になります。
リアルな録音,録画には直接証拠(明らかに示せる理由や物ごとの存在)と,具体的に事実を示す間接証拠が記録されていますが,当職祖父(東京高裁判事)より教授された「証拠」の意味を知るのも無駄にならないと思います。

※反訳士通信講座教本の一部抜粋(※全文は弊協会が主催※「反訳士通信講座の教本記載」

裁判は弁論主義が原則。だから,当事者が主張しない事実に基づいて判決はできない。
双方が争っている事実と証明できる証拠の提出がなされない限り真実を認めることはできない。
その上で,当事者らは事実の証明を示さずに言葉だけで証拠だと主張し続けた場合,証明できる証拠提出がない時には当事者が不利益な判決を受けることは免れない。
・黒か黒ではない
 法的救済を求める裁判では「利得を保持する人」「補助する人」などが確証を裁判の法廷に提示し合い裁判は進行する。
 
 さらに,審理される内容はここの事件や事案が違うので全てを「黒と決めるので」なく,「黒か黒ではない」かを注意深く見て「黒でないとしたら」その事件がグレーに近い黒であった場合の判断はとても難しい。
 又,ある事柄を証明するために自分が実際に体験し推測できる状況や証拠,記録,文書などが検証きる客観証拠が提出されたとき,その証拠の中で相手の言い分が成立,あるいは,わずかでも成り立つ可能性が有った場合は当事者が提出した証拠の価値が下がってしまうものなのだ。と,証拠の価値について薫陶を受けた。
 
・質の高い反訳書(証拠資料)

 真実を証明する音声反訳で音声を文字に起こしたハンヤク証拠資料の反訳書には多くの証拠情報が含まれています。

 一般的な会話の速度では1秒間に約6~7の漢字交じりの文字が起こされます。さらに,穏(おだ)やかな口調のときは1秒間5文字以下で,話し合いがこじれて激昂(げきこう)したときは1秒間に9~10文字に増え,複数の人々の会話でさえぎり,割り込みする場面では1秒間10~14の文字が反訳され文字に起こされることになります。

 そして,30分程度の録音会話を反訳し文字に起こすと証拠資料の反訳書は総ページ数で約40~60ページとなり文字数は約34,000のになる膨大な証拠会話の痕跡が文字に起こされ証拠資料となりますから質の高い反訳書が求められるのです。

① 音声データ ② 文字数 ③ 頁数 ④ 行数
15分 16,500文字 29頁 700行
30分 33,800文字 58頁 1,420行
45分 51,750文字 121頁 2168行
60分 68,500文字 158頁 2827行
1時間15分 83,200文字 189頁 3420行
1時間30分 79,750文字 227頁 4072行
1時間45分 113,600文字 260頁 4671行
2時間 128,500文字 293頁 5285行
2時間30分 159,000文字 367頁 6518行
3時間 200,800文字 458頁 8,158行
※記号の説明
① = 録音音声データ時間
② = 音声反訳の文字数
③ = 公用文書式の反訳書合計頁数
④ = 会話者が発言した証拠会話行数

・人の記憶量

 普通の人の記憶能力はビックリするほど短くてわずか数秒で,漢字や平仮名交じりの文字起こしでは5~7字程度なのです。

 また,数字では桁数で7~8 桁(けた)が短時間に記憶できる能力なのでです。だから,誰にでも聞き間違い,思い込み,誤訳してしまうのです。

 それに気付かず証拠資料として提出してしまうと,裁判の途中で訂正書の提出に迫られることとなり,裁判の公平性に対し心証を害しよい結果が得られないこととなってしまうのです。従いまして,文字の校正の大切さを理解する必要があります。

PAGETOP
Copyright © 一般社団法人日本反訳士協会 All Rights Reserved.

解析ロゴ2