一般社団法人日本反訳士協会は反訳に関する専門的業務を行っています。
一般社団法人日本反訳士協会

反訳 事実を証明する反訳書

  • HOME »
  • 反訳 事実を証明する反訳書

❖ 証拠

裁判で必然になる証拠について,当職の叔父(元東京高等裁判所判事)から享受(きょうじゅ)を得る機会があった。その一端は、※反訳士職名取得通信講座教本でも掲載していますが。

「裁判は弁論主義の原則だから、当事者が主張しない事実に基づいての判決はできない」、さらに「双方が争いのある事実は原則としてこれを証明すべき証拠の提出がない限り、これを認めることはできない。」と

その上「当事者が主張すべき事実を主張せず、これを主張したとしても、相手がその事実を争うとしたときは、それを証明するのに足りる証拠の提出がないときは当事者は不利益な判決を受けることを免れない。」と

さらに、「裁判では自分の利益を守ろうとする人々、それぞれを助けようとする代理人ら双方が互いに証拠を出し合い、それをもとに裁判は進行する。」と

しかし、「裁判では一つ一つの事件が全て違うから、白黒を決めるのでなく、黒か黒ではないかを観察し黒でないとしたら、その事件がどんなにグレーに近い黒で有ったとしても判断はとても難しい。」のだと、

さらに「状況証拠や客観証拠で立証され事件もあるが、提出された証拠について、証拠の中で相手の言い分が成り立ち、又は、わずかでも成り立つ可能性があった場合は提出された証拠の価値が下がってしまうものだ。」とも、教えを受けた。したがって,事実を話し合ったり約束を交わした当事者が会話した音声データの重要性を認識することができた。

 

❖ 事実の証明

裁判で争っている時,自分が秘密にしていたことを隠さず述べた事実であったり,誰の目で見ても明らかで顕著に示した場合などは証明をる必要は無いとされていますが,しかし,事実や真実を証明する根拠になるもが証拠とされています。

一昔の前の向こう三軒両隣の時代とは違って,今日の複雑な人間関係で,親子,夫婦,知人,友人,隣人,職場など生活環境の中で,自分の力ではどうしても解決できず,さらに予想もしなかった問題に突然巻き込まれることが有ります。
さらに,問題が複雑になればなるほど生活時間に関係なく,いつも頭から離れず悶々となり,結果的に心身が疲れてしまい日頃の生活や仕事に多大な影響が出てきてしまいます。

そこで,その難題を取り除く為に,過去に録音しておいた音声データを証拠として,裁判所に訴を提起する場合争いの事実を立証しする“真実”の証明のために証拠の資料(反訳書)が必要となるのです。

 

❖ 論より証拠

昔から「論より証拠」と言う格言があります。裁判では陳述書(ちんじゅつしょ)や口頭で,良いか,悪いかなどをあれやこれやと 説明することだけではなく 証拠を目に見える形で示す。そのことが物事はハッキリ明確になると言う 考えを格言は示しています。

 

❖ 反訳書の提出義務

色々の“証拠”の中で本人が直接会話した録音は真実を証明できる重要証拠です。その音声を証拠の資料とし裁定を受けるために法廷に申し出たとき,

※ 民事訴訟規則148条では「写真又は録音テープ等の証拠調べの申出をする時は,その証拠説明書(反訳書)において,撮影,録音,録画等の対象並びにその日時及び場所をも明らかにしなければならない。」とされ,

更に149条では「録音テープ等の証拠調べの申出をした当事者は,裁判所又は相手方の求めがある時は,当該録音テープ等の内容を説明した書面(当該録音テープ等を反訳した書面を含む。)を提出しなければならない。」と録音音源と同時に書証の提出が義務付けられています。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

❖ 専門家の知識と経験

民事裁判の本人訴訟制度では訴の提起がなければ始まりません。訴状答弁書準備書面証拠書類など,各種の提出書類を専門家”弁護士・司法書士”などに頼らす自身で用意して裁判所に提出もできます。同様に音声証拠資料の作成も専門家(反訳士)に頼らず自身で作成して裁判所に提出ができます。

しかし,裁判後の人生にも多大な影響を及ぼすことが予測される中で,相手側代理人の弁護士司法書士,審理中の裁判官,司法委員らから,自分に都合よく創作された箇所や誤訳が多いと心証を示されてしまいますと,今まで供述してきた信憑(しんぴょう)性を失い,自身が思い描いていた裁判結果とは違った方向に進むことがあります。

ですから,裁判資料や証拠資料の作成では,裁判後の人生に多大な影響を及ぼしてしまいますので反訳士と一緒に証拠資料を作成することは重要なことなのです。

証拠資料の作成では「一言,時を劃(かく)す」の格言のように,わずか一言の文字が裁判の行方に影響が及ぼすことを経験豊富な反訳士は熟知しています。

証拠資料の書面作成過程では第一専門家が文字化,さらに,同じ音声を聞き第二専門家が校正用し,書面を確認します。そして作成依頼者に校正用証拠資料の反訳の状態確認と校正を依頼します。

その書面の,要約表記,誤り,誤字,不統一などを校正の後,反訳士は再び音声と聞き合わせ確認し証拠資料の公用文書式の反訳書として完成するのが重要証拠資料の反訳書の役割なのです。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

❖ 証拠の質

録音の内容で真実を証明する公用文書式の反訳書面には膨大な証拠とする文字情報が含まれています。一般的会話速度では1秒間に約6~7の漢字交じりの文字に反訳されます。

又,穏(おだ)やかな口調のときには1秒間で5文字以下。しかし,話合いが激昂した場合は1秒間に9~10文字に増え,更に,複数の人々の会話でさえぎったり,割り込んだりする場面の会話では1秒間10~14が文字として反訳されます。

その上,30分程度の録音を反訳し文字化しますと書面のページ数は約40~50ページ,文字数では15,000文字となり,膨大な証拠としての会話の痕跡が文字化され裁判の証拠提出資料の反訳書になります。

 

❖ 人の記憶

普通の人の記憶能力はビックリする程短くてわずか数秒なのです。漢字やひらがな混じりの文字化では5~7字程度で,数字では桁数で7~8 桁(けた)が短時間に記憶できる能力なのです。

ですから誰にでも聞き間違い,思い込み,誤訳してしまいます。それに気付かず証拠の資料として提出してしまいますと,裁判の途中で訂正書を出すことになり,結果,裁判の公平性に対し心証を害し良い結果が得られない事になり,文字校正の大事さが理解しなければにりません。

PAGETOP
Copyright © 一般社団法人日本反訳士協会 All Rights Reserved.

解析ロゴ2